1966時以後イングランドの敗退はいつもの実例だ

ユーロ2016の凖々決勝でイングランドが誠に弱小国アイスランドに敗れたと知って、おいおいと思ったのですがまたかとも思いました。
1966時代W杯イングランドビッグイベントでの優勝先、インターナショナルネーミングに到底手が届かないイングランドでしたのでそれがいつもの動向だったからだ。
英のユーロ敗走の衝撃も多少はあるかもしれませんが、かりに何でも人口30万人程度の小国アイスランドに負けたとなっては、単純に恥として、かつ世紀の大番狂わせとしてサッカー史に刻まれてしまうことは避けられないでしょう。
するとブラジルビッグイベントでユニットステージを敗退しながら何だか義務も取らずに指揮の座に居座り続けていたホジソン君も辞任しなければならないだから新指揮が訪ねるのを待つのが楽しみです。
こういう利益を聞いて一際喜んでいそうなのが、2時代前のW杯ブラジルビッグイベントで7対1という大差でしかもメインでドイツに敗れ指揮の座から去った元ブラジルリーダー指揮スコラリ君ではないかと思いました。

実験でやけどをしたときなどについて勉強した

実験の応急処置のことについて勉強しました。まず、やけどをした場合についてです。皮膚が赤くなっただけの場合(第1度)は、やけどの部分を流水によくひたします(5分以上)。水ぶくれができた場合(第2度)は、水ぶくれを破らないことです。殺菌・消毒薬をぬり、軽く包帯をします。皮膚が黒く焼けた場合(第3度)は、乾いたガーゼでおおった後、できるだけ早く医師の手当てを受けます。患部に付着しているものは無理にとらず、ほかの部分を切り落とします。次は、有毒ガス・蒸気を吸ったときです。すべての処置に優先して、できるだけ早く医師を呼びます。新鮮な空気中に連れ出します。多量に吸ったときは、あたたかく安静にして医師の処置を待ちます。しばらくして症状が変わることもあるので、安静第一です。実験の応急処置について勉強しましたが、応急処置のことは知っていたこともありましたが、知らなかったこともあったので、とても勉強になりました。キレイモ 学割