オンラインショッピングで家電ミニマムライフ発動中

買い替え時を見計らいつつ、家電の方もミニマム化計画が発動している今日この頃。
まずはプリンター断捨離。モノクロとカラー、それぞれ印刷できるプリンターは1台ずつあるのでこれをまずシャットダウン。この際なのでインク切れを機に、カラープリンター1台のみに絞ろうとしている。モノクロ印刷ならカラープリンターでも賄えるし、必要なものだけに囲まれてミニマムに生きたい。
掃除機の方も図体があまり大きくなく、最低限、これまで使っていたそれよりもミニマムなサイズを選別中。今はオンラインショップをひと通り見ているだけでも、それはもうバリエ豊富なラインナップ展開が拡がっていて非っ常〜に助かるものだ。何しろほうぼう家電量販店を見て回る必要がないのは嬉しすぎる。PCひとつで家にいながらにして賄えるのだからこれは便利だ。玄関先まで重たい物を届けてくれるのだし。
掃除機って意外と出したりしまったり、コードの出し入れも含めてプロセスがある面倒なもの。だから今回はお掃除が楽しくなるような、今話題のスティックコードレスタイプにしようと思っている。家電のミニマム化もおもしろいものだ。

毎日、日記をつけている人に聞きたい、日記のよさが知りたい

日記を今まで生きてきた中でつけようと試みたことが何度もあります。試みた理由は、考えがもやもやとまとまらないことが多く、それをすっきりとさせたいからです。しかしながら、3日ほどつけると辞めてしまいます。理由は、それをいつか人に読まれるかもしれないという恐怖からです。私の友人は、毎日家計簿と、日記を欠かさずにつけています。すごいです。しかも、それをしないと落ち着いて眠れないそうです。3年日記を購入して、前年度の同じ日に何をしていたかを見るのが楽しみだそうです。確かにそれは楽しそうです。しかし、私はどうにも続きません。日記を続けるためにそういった本を読んだことがあります。その本には続けるコツとしては、いつも同じ場所に使う道具を置いておいて、ルーティーンで作業を行うとよいと書いてありました。そのルーティーンが出来ないから本を買っている人はどうするんだろうと思いました。また、作業ではなく、私のような理由で書くのが続かない人はどうなのだろうと思いました。