知事と一体化した議会って、存在価値はあるの?

小池都知事と自民党の対決の様相を呈している東京都議選。しかし、今回の小池知事の行政と議会の一致団結を強調する姿勢には少し疑問を覚えます。もちろん、自治体が直面する問題に、知事と議会が一丸となって取り組むことは大賛成ですし、足の引っ張り合いをするよりははるかに良い状態です。ですが、議会が知事とべったりで知事のやることをただ追認する存在というのは独裁政治ではないでしょうか?知事のイエスマンしか存在しない議会であれば、存在価値はないでしょう。知事と議会が一丸となって市民のために尽くすという姿勢は大事ですが、実際には議会が知事のアクセル・ブレーキを兼ねる状態がベストな議会の姿ではないでしょうか?そう考えると、今回の都議選で小池知事が声高に叫ぶ一体化した議会というのは少し危険な議会の姿だと思います。小池知事に自分と異なる意見の人を受け入れる度量があるのかどうかは分かりませんが、都議選後に自分と意見の異なる人を排除しないかどうかは、十分に見極めていく必要があるでしょう。キレイモ 脇